守口公三の想い

concierge02

私達は愛媛の地元密着の小さな工務店です。無論まだ始まったばかりの工務店ですが、建築に対する情熱と勉強する気持ちは、誰にも負けない自負があります。
家創りは、人生のパートナー選びに似ています。いえ、まさにそのものかもしれません。私達のことをよく知っていただいて、このような会社が近くにあり、皆様の悩みの解決や生活の改善のお手伝いをするため、そして、お家や生活を一緒に創造していく一助になれば本望です。
建築を通じて、お客様と人生を一緒に歩むパートナーとして、『お家コンシェルジュ』情熱工務店が少しでもあなたのお役に立てれば、私達は幸せです。お逢いできることを楽しみにしております。
代表 守口公三

守口公三プロフィール

代表者守口 公三 もりぐちこうぞう
1964年12月30日 旧東予市壬生川(現西条市)で誕生
3650g、重かったようです。

学歴(楽歴)
1977年03月
東予市立壬生川小学校卒業
6年生卒業時背が低く、整列するといつも一番前でした。校長先生の顔がよく見えました。
もうすでに、自分の子供(4年・5年生時点)に抜かれています。
1980年03月
東予市立東予東中学校卒業
中学三年生で初めて授業中に居眠りをしてしまいました。
1983年03月
愛媛県立今治西高等学校卒業
高校入学時も並ぶと一番前で、校長先生の顔がよく見えたものです。
高校時代はハンドボールと授業中の昼寝に明け暮れました。
1987年03月
国立広島大学工学部第Ⅳ類構造材料研究室卒業
ここでは、一人暮らしを謳歌してハンドボールとアルバイトに明け暮れました。20歳の誕生日、アルバイト中に生まれて初めて鼻血というものを体験。
大学は首席で卒業のつもりでしたが、残念ながら50数名中50数番目。製図の課題で、私だけ色鉛筆で色付けしたのがまずかったのかもしれない。
ビリから3人が私の研究室に所属し、その3人のことを友人に『ボトム3』と呼ばれました。
卒業後、同窓会ではいつも女の子に、『守口君、大きくなったねえ』と言われる。
趣味・活動 高校時代からハンドボールを始め、下手くそながらも大学・地域クラブチームで
36歳まで活動(21年間)
映画をこよなく愛し、ホラー映画以外を好む(リングや螺旋は一生怖くて見れない)
好きな映画は、『ペイ・フォワード』や『プライベート・ライアン』『ショーシャンクの空に』そして、『パッチアダムス』
家庭
2000年09月
愛する妻と結婚
2001年06月
長男誕生(日数はたぶんあっていますよ)
2002年11月
長女誕生
2004年07月
次男誕生
2012年10月
自分の実家を建て直し、念願のマイホームを建立。母親を含め6人家族でひとつ屋根の下、生活をスタート、現在に至る。
職歴 大学卒業後、広島にて建設コンサルタントで4年間勤務し設計を学ぶ。当時は、まだCADが出始めで、ほぼ100%手描き・ドラフターを使っていた時代です。
その後、長男であるため江戸時代から続く実家継承のため帰省。(ちなみに屋号は、何故か江戸屋)
そこから、地元建設会社にて、建築・土木・上下水道・外構などの現場に15年従事。当該会社の休業・廃業を機に準大手ゼネコン子会社・地域ハウスメーカーなどで建築・土木・外構など7年ほど幅広く勉強・修行させていただく。
建築・土木で26年経験を積み、2013年起業に至る。
資格 1級建築施工管理技士
1級土木施工管理技士
2級建築士
測量士
1級エクステリアプランナー
コンクリート技士
応急危険度判定士
住宅断熱施工技術者
住宅省エネルギー設計技術者講習修了者
住宅省エネルギー施工技術者講習修了者
愛媛県木造住宅耐震改修工事講習修了者
基礎施工士
推進工事技士
下水道2種技術検定合格者
下水道排水設備工事責任技術者
監理技術者資格者証所持
愛媛県木造住宅耐震改修事業者登録H26-094
安全衛生責任者・職長教育終了者
車両系建設機械運転技能講習終了者
小型移動式クレーン技能講習終了者
足場組立作業主任者
型枠支保工組立作業主任者
コンクリート破砕器作業主任者
特定化学物質等作業主任者
ホウ素系防腐防蟻剤エコボロン認定施工士
無添加住宅コンストラクター
一級遮熱施工管理技士
地域活動 防災士/壬生川防災士協議会副会長
壬生川消防団副分団長
建築士会西条支部会員法人会会員
今西ハンドボール部OB・OG会幹事長(H29.1月~)
壬生川サッカースポーツ少年ゼネラルマネージャー(H29.2月~)
西条市東予愛護班連絡協議会副会長(H28.4月~)